こだわり抜いた家造りなら注文住宅で決まり|吟味したマイホーム

間取り図

都心部へアクセスが充実

man

都内に近く住みやすい傾向

東武東上線沿線はベッドタウンとして人気のエリアです。近年、みなとみらい線に乗り入れしたことから、渋谷方面や横浜方面までアクセスに便利になりました。また、池袋では1本でアクセスできることや、和光市駅からは有楽町線に乗り入れもしていたため、都内へのアクセスに便利な土地として知られています。準急や急行電車を利用すると池袋までもわずか数十分でアクセスが可能な駅が多いのが特徴です。成増駅より上りは、東京都になるため東京都内に新築住居を構えたい場合にも実現が可能です。このように東武東上線は都市部が近く、また、都市部よりも住みやすい土地が多いため、新築物件が増加しているのです。子育てをしやすいベッドタウンとしての需要も高まっています。

駅によってアクセスに違い

同じ東武東上線であっても、池袋よりも下り方面は、都市部へのアクセスに時間がかかります。このため、通勤や通学で電車を利用したい場合には、予め目的地までの所要時間をよく見ておくことが大切です。また、東武東上線沿線はとても広く、新築物件は比較的駅前よりも離れた郊外に建築されています。購入する際には、生活しやすい土地なのかなど周辺の治安なども確認しておくことをおすすめします。駅から離れていくと、畑や田んぼばかりの土地も多いのが東武東上線沿線の特徴です。このような自然が多い場所で暮らしたい人にはお勧めですが、アクセスを重視する場合には注意が必要です。また、池袋から離れるとともに、新築物件の価格は低くなる傾向のため、予算などに合わせて探すとよいでしょう。